三浦春馬さんの自殺について思うこと

俳優の三浦春馬さんが自殺されました。

たぶん、たくさんの人が

なぜ?と思っていると思います。

私は

なぜ自殺したのかは

そのひとにしかわからないから

他のひとが考えてもわからないと思います。

そして

もしかしたら

そのひとにもわからないんじゃないか、

とも思います。

今まで

死のうとしたけど死ねなかった、という

いわゆる未遂で終わったひとたちの話を

かなりの数、聞いてきました。

どのひとも真剣に死を考え

それを行動に移すくらい深刻な悩みや状況を抱えていました。

本気で死にたいと思っていた、

けど、死ねなかったと言います。

死ななくてよかったと言う人もいます。

先生、私はあの時なぜ死ねなかったんでしょうか、

と聞いてくる人もいます。

わかりません、

といつも答えます。

だって、それは誰にもわからない、

そのひとにもわからないことだと思うのです。

もしかしたら

時間が過ぎ

何年か、何十年かしたらわかることもあるかもしれません。

それでもそれは

そのひとにしかわからないことだと思うのです。

他のひとにはわからない。

何年か前

私の患者さんが自殺しました。

その患者さんは

長年うつ病で苦しんでいて

それまでに何回も自殺未遂を繰り返していました。

何回かの未遂の時は

ずっと話を聞いてきた私もわかるくらい苦しい状況で

またその状況を続けていくのは大変だったと思います。

でも本当に死の一線を超えてしまった時は

そこまで大変な時ではなかったのです。

それまで何度も未遂した時の方が大変そうでした。

でもそれは

私から見たそのひとなのです。

本当は違ったかもしれません。

何年も付き合った患者さんなので

かなりの信頼関係は築いていたと思うし

かなりの内容の話もしてくれていたとは思います。

でも

全部じゃかったと思います。

それに

本人自身も

自分のこと全部わかっていなかったと思います。

私たちはどのひとも

とても深く複雑なので

どこまでいっても

自分のことをわかり切るなんてことはないんじゃないかと思っています。

前世療法やインナーチャイルドワークをやると

いわゆる潜在意識や深層心理の部分が浮き彫りになるので

やっとわかったということがあります。

そういうことばかりです。

そんなことを見ていると

本当に自分の中の知らない部分はたくさんあるなあと

よく感じます。

自分のことですら知らないことが多いし

わからないことも多いのです。

他のひとのことは

わからなくて当たり前です。

でも私たちは

わかりたいと思うものです。

それは自然なことで

わかろうとするのは

そのひとが自分にとっての

何らかの存在感を持っているからです。

存在感がない対象に関しては

無関心です。

好感だろうが

反感だろうが

気持ちを動かされるものは

自分にとっての存在感を感じているものです。

そのひとのことがわかると

自分の感じている気持ちもわかるので

わかりたくなることも

けっこうあります。

ここはとても大事なところだと思います。

本当にわかりたいのは

自分の気持ち

自分の感じていることなんじゃないか

というところです。

私は患者さんが自殺した後

なぜ?とかなり考えました。

自殺したのが

私のカウンセリングが終わったその日の夜だったことも大きかったです。

その後

この仕事を続けていく自信も失いかけました。

自分のためのカウンセリングやセラピーも受けました。

結果わかったことは

私は彼女の死がとてもショックだったということです。

その患者さんのことが

とても大事だったことにも気づきました。

もう会えないのが

とてもつらい。

その痛みを感じたとき

号泣しました。

そして

彼女がなぜ自殺したのかはわからない

私にはわからない

ということがストンと落ちたのです。

前世療法をしていると

なんのために生まれてきたのかを知りたいという声を

よく聞きます。

実際にそのひとたちが

それを知ってみると

みなさんいろいろで

寄り添っている私はいつもびっくりすることばかりです。

でもそのひとは納得しているんです。

ああ、なるほど

よくわかりました

すっきりしました

これでまたやっていけます、ってね。

私にはわからないけど

そのひとはそれでわかったんだな、と

いつも思います。

そんなことを繰り返していると

そういう

生とか

死とか

特に大きなことは

そのひとにしかわからないし

もしかしたら

そのひとにもわからない領域のことじゃないかと思えてくるのです。

例え死の形がどうであろうと

わからない。

自ら死を選んだとしても

病気や事故での死と

もしかして変わらないのかもしれません。

三浦春馬さんの死は

ちょうどとても深いインナーチャイルドワークをやり

よくここまで死なずに生きてきたねえ、と

そのクライアントさんとしみじみしていた直後に知りました。

そのクライアントさんが

これまで死なずにきたことと

彼が死の一線を超えてしまったことは

結果的には大きく違うけど

もしかしたら

ほんのわずかな違いしかないのかもしれません。

今も時々

死にたいです、というひとたちが来ます。

死にたいくらいつらい、という気持ちの問題と

命の問題をごちゃごちゃにしないでね、

とまず話したりします。

あとは死を考えてしまうくらい

かなり考え込んでいると思うので

考えるのを少しでもやめられること

体を動かしたり

お風呂に入ったり

日向ぼっこしたり

温かいものを飲んだり

ネコの動画を見たり

まずはそんなことをしましょ、と話します。

カウンセリングやセラピーを受けに来るだけでも

何かを求めている、

何かを求めているくらい

生きたいと思っているところもあるはずだからね。

そうでなくても

生きている限り

何かとの関わりがあります。

そこに

フックみたいにちょっと引っ掛けながら

なんとかしのぐだけしかできない時もあります。

しのぐだけでも続けていくと

何かが変わることもあります。

あとは

私たちは、わからないというのは

嫌なんですね。

わからないとモヤモヤします。

わからないとどうしていいのかも

わからない。

それは不安や恐れになったりします。

でも

わからないことをわからないままで置いておくことも

けっこう大事なことかもしれません。

「今は」わからない

と時を区切ったり

「私には」わからない

と主語を限定したり

あそこはわかるけど「これは」わからない

と区別したりして

「わからない」ということを「わかる」ことも大事だったりします。

そう

そうやってなんとかやっていく。

それしかできなくてもいいのです。

それしかできない時もあるけど

ずっとじゃなかったりしますからね。

ずっと後から

そんな時もあったなあと思えるようになるかもしれません。

Continue Reading

今、ここにいる自分に意識の照準を合わせる

前世療法やインナーチャイルドワーク

これらのセラピーのいちばんの目的は

「今、ここにいる自分」に意識の照準を合わせることです。

 

「今の私」は

今までの「私」が経験したことからの影響を受けています。

なのでつい、今までのこと、いわゆる過去を引きずってしまっています。

過去を今の自分に活かす経験値としていればいいのですが、

なかなかそうはいかず

今の自分は過去に引っ張られたり、振り回されてしまっています。

 

しかもそれは無意識でやっているので気づいていない場合も多いのです。

 

過去は過去。

今ではありません。

 

また、未来はまだ起こっていないので

今ではありません。

でも未来のことも、つい過去を引きずりながら捉えてしまうと

自由に可能性を広げることを止めてしまいます。

 

前世も子供時代も

過去です。

 

その過去を「過去と捉え直すこと」で

過去と今の区別ができます。

そうすることで今に意識を向けることができます。

 

また過去の経験は、多くが他のひととの関わりにつながっています。

その時にどう他のひとと関わったのか、それを今も引きずっていたりします。

その影響で、他のひとのことが気になってしまう、ということが起こります。

 

そこで

その時、誰れとどんな関わりの中でそうなってしまったのかを知っていきます。

たいてい罪悪感や非難されるんじゃないかという恐れや不安が伴っていたりします。

その罪悪感や恐れや不安を理解することで

その時から引きずってきたひととの関わりのパターンから解放されます。

 

そうなったときに

他のひとではなく、自分に意識を向けることができます。

 

「今、ここにいる自分に意識の照準を合わせること」

それが前世療法やインナーチャイルドワークの目的です。

 

それは今

どんどん変化していく世界の中で

とても大事なことじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

Continue Reading

大人の自分を育ててみませんか(その2)

「大人の自分を育ててみませんか」(その1)で

「大人の自分」と「子供の自分」を区別すること、と書きました。

 

大人って何でしょうね?

子供って何でしょうね?

 

インナーチャイルドワークのいちばんの基本は

やっぱりここなんですよね。

 

インナーチャイルドワークは

私たちが大人になるためのものです。

 

だからこそ

 

大人になるために

大人を知る。

大人を知るためには

子供を知る必要があるのです。

 

 

ではまず

大人としての大事なことのひとつに

「自立」があります。

 

「自立」って何か

よく患者さんたちとも話します。

 

「まだ親元で生活しているから自立できていません」

「夫に養ってもらっているから自立できていないんです」

「自分だけで何でもできるように早く自立したいです」

 

そんな話をよく聞きます。

 

けっこうみなさんが言う「自立」は

経済的な自立

物理的な自立のことなんですね。

 

でもインナーチャイルドワークの中での「自立」は

精神的な自立なんです。

 

だから

経済的に自立できてなくても

物理的に自立できてなくても

ぜんぜん関係ないのです。

 

反対に経済的、物理的に自立できていても

精神的に自立できていなかったら

ここでいう「自立」とは言えないのです。

 

精神的に「自立」しているってどんなことでしょうか。

 

私はこれまで

たくさんの障害を持っている方たちの相談に乗ってきました。

みなさんそれぞれ、さまざまな障害を持っています。

先天的な障害だったり後天的だったり、

身体的な障害だったり精神的な障害だったり

年齢だってさまざまでした。

 

どの人とも結局行き着く話が

「自立」についてでした。

 

でもこれは障害を持っていない他のひともまったく同じなのです。

 

ここではそんな障害を持っている人たちとの話がわかりやすいかなと思って

例としてお話ししますね。

 

ある障害を持った青年が「自立したい」と相談してきました。

彼は生まれつきの身体障害があり

ずっと親(特に母親)の介助を受けてきました。

もう成人したので母親から自立したいし

家から出て一人暮らしをしたいと話してくれました。

「これからはすべてのことを

自分で決めて

自分で選んでいきたいんです」と。

 

今までは親が言うことや学校の先生が言うこと、

さらには福祉サービスや行政が言うことを

ただそのまま「受けてきた」けど

これからは「自分で」決めたり選んだりしたいと言うのです。

 

この「自分で」というのが「自立」です。

 

この世界にたった一人しかいない「自分」

その「自分」でいたい

「自分」を大事にしたい

「自分」を感じていたい

それが「自立」です。

 

彼にそう「自立」について話したあと、

さらにこんな話をしました。

「自分で決めて、自分で選ぶだけでは「自立」には足りないと思うよ。

まず自分で決めるためには、自分は何を決めたいのかを把握しなければいけないもんね。だから自分をわかろうとしなければいけないよね。

あとは、自分で選んでそれを実際にやってみたら、その結果を自分で請け負うことも必要だよ。自分で選んだんだから、どんな結果になろうとも自分で請け負うこと、責任を負うことも大事だよね。

自立って、まずは自分で自分のことをわかること、これは自己把握と言います、そしてあなたが言うように自分で選ぶこと、これは自己選択、また自分で決めること、自己決定、さらに自分でその結果を請け負うこと、自己責任、までが大事だよね」

 

私が補足した「自己把握」と「自己責任」は精神的なものです。

 

自分で自分のことをわかろうとすること

自分で自分の責任を負おうとすること

 

どちらも「わかること」「負うこと」という結果ではなく

「わかろうとする」「負おうとする」という過程や姿勢が大事です。

なぜなら結果にこだわるのは「子供」です。

過程や姿勢を大事にできるのは「大人」です。

 

また「子供」は、他のひとにわかってもらいたいという「依存」があります。

「大人」は、自分で自分のことをわかろうとするところが「自立」につながります。

 

「子供」は、「依存」しているので、責任を誰かや何かのせいにしがちです。(これが違う形になると、ぜんぶ自分のせいだ!と責任を負いすぎます)

「大人」は、負える責任と負えない責任の区別を見極めようとします。

自分の責任は負えるけど、

自分以外の責任は負えないと判断できるのです。

そして、自分の責任は「自分なりに」負おうとするのが「自立」なんですね。

 

先の彼には時間をかけて(数年かけました)

そんな話を噛み砕いて話してきました。

今まさに彼は、それを実践し始めています。

「難しいです、先生」って言ってますけどね。

 

もちろん簡単ではありません。

そうやって私たちは

一生をかけて少しずつ大人になっていくんだと思います。

 

インナーチャイルドワークの中では

「大人」は完璧や完全なものはない、

ひとはこの世で生きている限り不完全だということを知っているから

この自分でいると楽になっていくんですね。

 

反対に「子供」は

完璧で完全なものを求め苦しくなります。

 

不完全な自分を認める

不完全なこの世界を認める

それを受け入れる

それがインナーチャイルドワークの目指す「大人の自分」です。

 

そうするとどんどん楽になりますよ。

 

そういう意味では

ずっとインナーチャイルドワークをやり続けていくものと思っています。

 

 

 

 

Continue Reading
1 2 3 14