基礎コースが終了しました

久しぶりの投稿になります。

このところ通常のセラピー等の仕事に加え、
このセラピスト養成コース一期生の基礎コースの終了に向けて忙しくしてました。

去年10月始まった基礎コースは
初日に台風直撃というハプニングから始まりました。
その後新型コロナウイルスの影響を受け
4月の講義は中止とし
本当なら8月に終わるはずの全プログラムを
この10月に延期して終了となったのです。

セラピストとしていつも
思い通りにいかないことが当たり前なセラピーの中
どんな場合でも
センタリングとアンカリングで
自分自身を保ちながら
どんなクライアントさんにも寄り添い応え続けられるよう
ここまでやってきました。

そうやって鍛えられてきたことが
ここで発揮できたので
ここまで私を鍛えてくれたクライアントさんたちに
本当に感謝です。

私たちは思い通りにならないことが
たくさんあります。

思い通りにならないとき
どう思い通りにするか考えたり動いたりします。

でもそれでも
思い通りにならないことはあります。

そのときどうするか?

思い通りにならない現実を
受け入れることが大事になります。
でもそれはとても難しいことです。

なぜならそれは
私たちは思い通りにできないという「無力」を受け入れることになるからです。

「無力」って嫌ですからね。
受け入れ難いんですね。

でも思い通りにならないという「無力」を受け入れ
その現実を受け入れると
新しい可能性が広がっていきます。

それは
思い通りにしたいと思って
そこに固執し執着していたときには見えなかった
新しい可能性、新しい突破口みたいなものです。

今回のコースの中
コロナ禍の影響で
遠方からの受講生が来れない現実もできました。
でもそのおかげで
講義をオンラインで配信するという
今まで想定していなかった可能性が広がったりしました。

ひとを相手にするのがセラピストの仕事ですし、
ましてや前世や子供時代のこと
魂のこと
そのひとが何にどう気付いていくのか
どうにかすると全く予想できないところに踏み込んでいくのが
このセラピーです。

そうしたとき
私たちセラピストが
どうコントロールを手放していくか
どんなひとのどんな反応にも寄り添えることができるのかが
とても大事になります。

それは簡単なことではありません。

そのためにも
セラピストはずっと
自分自身に寄り添い続け
自分のことをわかろうとし続けなければいけないと考えています。

そのための基礎コースです。

セラピストになる、という目指す先のためにも
まずは自分に向かい合うこと。

一年をかけて
たっぷりやってきました。

そして
12月からプロフェッショナルコースが始まります。

プロフェッショナル コースでは
このセラピーの知識、技術、実践を学んでいきます。

その中でまたさらに
自分と向かい合う必要が出てくるでしょう。

基礎コースでみなさんは
自分と向かい合う基礎がしっかりできたので
安心して次に進んでいけるはずです。

そうして
ひとの心のとてもナイーブで深いところに寄り添えるセラピストになってもらいたい。

クライアントさんたちは
勇気を出して
大きな決意とともに
セラピーを受けに来ます。

その思いに応えられるセラピストになってもらいたい、
そう思ってます。

次のプロフェッショナルコースが楽しみです。

写真は
基礎コースの修了証です。

 

蓮の花がデザインされています。

 

蓮は
ぐちゃぐちゃの泥の中から
天に向かって伸びた先に
美しい花を咲かせます。
その下にはしっかりとした根があります。

このセラピーを象徴しているようです。

 

本当に
ひとは素晴らしい。

 

そこを目の当たりにできるのが
セラピストという仕事です。

Continue Reading

「三角形のドラマ」とコロナウイルス

2月9日(日)セラピスト養成コース基礎コースの第3回目講義がありました。

この日のテーマは
「三角形のドラマ」でした。

 

三角形のドラマは
1960年代にスティーブ・カープマンによって体系付けられた人間関係のモデルです。

これは
あらゆる文化、民族、宗教に存在し、
家族内、友人関係、職場での人間関係など
どこでも起こりうる人間関係のパターンです。

三角形という名のとおり
このドラマは三つの役割で成り立っています。

「迫害者」
「犠牲者」
「救済者」です。

「迫害者」がいるところには「犠牲者」がいます。
(「被害者」とも言いますね)
そしてこの関係に「救済者」が関わってきます。

これは
よく見ると本当にどこにでもあることで

誰もが
いつでも
「迫害者」にも
「犠牲者」にも
「救済者」にもなっていきます。

このドラマの中に入ると
とにかく苦しくなる!

どんな人でも苦しくなる。

苦しい!つらい!
と感じたら
必ずと言っていいくらい
このドラマに入っています。

その相手はいつも
「ひと」とは限りません。

今の社会の中でいうと
「コロナウイルス」。

その「犠牲者」になっているひとは
とても多いんじゃないかと思います。

「犠牲者」は
自分は不幸であり
いつもそんな役回りばかりをさせられているという意識です。

いわゆる「被害者意識」です。

実は
この三角形のドラマ
人と人との人間関係のドラマとして捉えるよりも
「意識状態」として捉える方が大事です。

特にこの
前世療法やインナーチャイルドワークは
意識のためのセラピーなので

人間関係は
自分自身の意識の中の
自分対自分の関係性の投影だと捉えているし

その自分の意識状態を変えれば
反応も変わるので
起こっている事実が変わらなくても
その人にとっての世界は
まったく変わります。

だから
「犠牲者」の意識であり続けるなら
どんなに恵まれていて幸せな状態でも
不幸を感じるし
不安や恐れを感じてしまいます。

「犠牲者」の意識は
自分には何もできないという無力感が
とても強い。

何もできないのは
あの人のせいだ!
あれのせいだ!
と自分以外の何かのせいにして

自分で何かをしようとしないし
誰かが何かしてくれるのをずっと待っています。

何かできることを探そうともしない。

そんなものあるはずないと思っているからね。

そして
無力感を感じる。

苦しいよね。
苦しい。

コロナ、怖いよね。
怖い。

だからマスクする。
手を洗う。

そしてニュースを見る。
もっと怖くなる。

どうしようどうしよう。

でも

本当に怖いものって
何ですか。

ひとにとって
「怖い」とか「不安」とかの感情は
とても大事なものです。

これがなかったら
私たちは無防備で
ここまで生きてこれなかったでしょう。

「怖い」や「不安」といった感情は
私たちに危機感を持たせ
体や心の健康や安定を守ろうとしてきた
健全な本能のひとつです。

でも
「怖い」「不安」はネガティブな感情なので
なるべくない方がいいという
間違った考え方の中で

本当の「怖い」「不安」が何か
わからなくなってしまったひとは多いと思います。

多い、というよりは
みんなそうじゃないかと思います。

「怖い」という気持ちに対して「怖い」と感じる
「不安」に対して「不安」になる
といった感じで
本当の気持ちが何重もの気持ちに覆いかぶされて
わからなくなってしまっている。

今回のような
得体の知れないものに対して
「怖い」「不安」と感じるのは
自然なことです。

その「怖い」「不安」は
向かい合うものに対して
適切なものであったら

今度は向かい合っていく「覚悟」になっていきます。

「覚悟」をすると
自分の力を取り戻せます。

そうなったら
「怖い」「不安」といった感情に飲み込まれるのではなく
反対に
その感情エネルギーを強さに変えていけます。

そうやって変わった人たちを
今までたくさん見てきました。

「犠牲者」から脱出するには
本当の気持ちを見つけることです。

本当の「怖い」「不安」を感じられたら
もうどんなものの犠牲にならない自分
どんなもの、どんなひとのせいにもしない自分
どんなものにも振り回されない自分
どんなひとの顔色も見ない自分
そんな自分を見つけることができます。

本当に怖いものは
なんですか。

今回のコロナウイルスは
私たちに本当の気持ちを見つけ出して
どんなものの「犠牲者」にもならない自分で生きていける
チャンスじゃないかと思っています。

Continue Reading

養成コース初の卒業生誕生!

今年が始まってもうすぐ一ヶ月になろうとしています。

早いなあ〜。

 

まずお知らせです。

この「前世療法&インナーチャイルドワーク プロフェッショナルセラピスト養成コース」から
初の卒業生が誕生しました!

0期生が始まったのは
一昨年4月。

一年で終わるはずのコースは
始めてみたら教えることがありすぎて
それを受け取る受講生たちも
消化に時間がかかることがわかり

講義は半年延長
修了証は実習が完了次第
随時渡すという形になりました。

その実習内容がとても濃いので
やっと今その実習を終え
無事修了証を渡せるようになったのです。

 

私は
セラピストは学んだことを
実践できなかったら意味ないと思っています。

どれだけ素晴らしい知識を学んでも
クライアントに対して
実践できなかったら
意味がない。

だから
実習課題はとても濃いものにしました。

その内容は
前世療法、インナーチャイルドワークそれぞれ
セラピスト役10回
クライアント役10回
受講生の間で実習し
それぞれ全部のレポートを書くこと。

これが実習課題でした。

だから
ぜんぶで40回の実習をして
それぞれのレポートを書く。

レポートも
セラピストとしてやるべきことができたか
クライアントとして何に気がつけたか、など
これからセラピストとしてやっていくために押さえる必要があることを書いてもらいました。

セラピストという仕事は
自分で自分をわかっていないといけません。

誰かの評価や
クライアントが出す結果が
価値ではありません。

もちろん
そういう客観的評価も大事です。

でもそれよりも大事なことは
自分が自分をどう評価するのか、です。

このセラピーの内容が
自分の中に答えを見出すこと
自分の真実を見つけること、なので
セラピストも同じなのです。

この間
ヨーロッパの退行療法のセラピスト協会に入会しようと思い申し込んだところ
協会の会員規約が送られてきました。
今まで私が知っている規約は
会費がどうだとかという事務的なことや
罰則だとかという約束ごとがメインでした。
(正直、あまりちゃんと読んだことがないんですけどね。。。)

しかしこの規約は素晴らしいのです!

セラピストとはどうあるべきなのか
という「あり方」が書かれてありました。

例えば
クライアントは自分で自分を救う力を持っているから
セラピストとして代わりに救ってはいけない、

セラピストはクライアントを依存させてはいけない、
彼らが自分の責任を自分で負えるようになること
自立できるようになることを支えていく、などなど。

まさに私がこのコースで伝え続けてきたこと
このコースで学んだ後セラピストとしてどうあるべきなのかが書かれてありました。

 

今回修了証を渡した卒業生たちは
このセラピストとしての「あり方」を
知識としてではなく
自分のものとして身につけています。

だから
自信を持って
「自分がこのセラピーで自分の力を見い出したように
ほかの人が自分で自分の力を見い出すのをサポートしてね」と
送り出せます。

あなたたちのこれからが
とても楽しみです。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる

Continue Reading
1 2 3 12