養成コース初の卒業生誕生!

今年が始まってもうすぐ一ヶ月になろうとしています。

早いなあ〜。

 

まずお知らせです。

この「前世療法&インナーチャイルドワーク プロフェッショナルセラピスト養成コース」から
初の卒業生が誕生しました!

0期生が始まったのは
一昨年4月。

一年で終わるはずのコースは
始めてみたら教えることがありすぎて
それを受け取る受講生たちも
消化に時間がかかることがわかり

講義は半年延長
修了証は実習が完了次第
随時渡すという形になりました。

その実習内容がとても濃いので
やっと今その実習を終え
無事修了証を渡せるようになったのです。

 

私は
セラピストは学んだことを
実践できなかったら意味ないと思っています。

どれだけ素晴らしい知識を学んでも
クライアントに対して
実践できなかったら
意味がない。

だから
実習課題はとても濃いものにしました。

その内容は
前世療法、インナーチャイルドワークそれぞれ
セラピスト役10回
クライアント役10回
受講生の間で実習し
それぞれ全部のレポートを書くこと。

これが実習課題でした。

だから
ぜんぶで40回の実習をして
それぞれのレポートを書く。

レポートも
セラピストとしてやるべきことができたか
クライアントとして何に気がつけたか、など
これからセラピストとしてやっていくために押さえる必要があることを書いてもらいました。

セラピストという仕事は
自分で自分をわかっていないといけません。

誰かの評価や
クライアントが出す結果が
価値ではありません。

もちろん
そういう客観的評価も大事です。

でもそれよりも大事なことは
自分が自分をどう評価するのか、です。

このセラピーの内容が
自分の中に答えを見出すこと
自分の真実を見つけること、なので
セラピストも同じなのです。

この間
ヨーロッパの退行療法のセラピスト協会に入会しようと思い申し込んだところ
協会の会員規約が送られてきました。
今まで私が知っている規約は
会費がどうだとかという事務的なことや
罰則だとかという約束ごとがメインでした。
(正直、あまりちゃんと読んだことがないんですけどね。。。)

しかしこの規約は素晴らしいのです!

セラピストとはどうあるべきなのか
という「あり方」が書かれてありました。

例えば
クライアントは自分で自分を救う力を持っているから
セラピストとして代わりに救ってはいけない、

セラピストはクライアントを依存させてはいけない、
彼らが自分の責任を自分で負えるようになること
自立できるようになることを支えていく、などなど。

まさに私がこのコースで伝え続けてきたこと
このコースで学んだ後セラピストとしてどうあるべきなのかが書かれてありました。

 

今回修了証を渡した卒業生たちは
このセラピストとしての「あり方」を
知識としてではなく
自分のものとして身につけています。

だから
自信を持って
「自分がこのセラピーで自分の力を見い出したように
ほかの人が自分で自分の力を見い出すのをサポートしてね」と
送り出せます。

あなたたちのこれからが
とても楽しみです。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる

Continue Reading

0期生最後の講義

この間の日曜日
0期生最後の講義が終了しました。

去年春から始まり
今回で12回目の講義になりました。

その間にも
生徒さんそれぞれの個人セッション
またセッションの練習などがあり
みんな、かなり経験と学びを深めてきたようです。

それは
教えてきた私にとって
大きな喜びであり
また誇りでもあります。

去年春の初めての講義の中で
私は「ホクレア号」の話をしました。

「ホクレア号」…
風と海流の力だけで
ハワイからタヒチまで行く船の名前です。

ハワイからタヒチって
むちゃくちゃ遠いです。

しかも海です!

大海原で
目印になるのは
星や潮の流れなどわずかなものしかありません。

それを「ナビゲーター」と呼ばれる先導者が読みときながら
海の先にあるはずの
小さな島を目指して進むのです。

私はこの「ホクレア号」の話を聞くたびに
前世療法やインナーチャイルドワークとの共通点を感じていました。

前世療法やインナーチャイルドワークの中では
クライアントさんが自分の心や魂の深いところに進んでいきます。

それは
まだ何があるかわからない大海原に漕ぎ出すのに
とてもよく似ていると思うのです。

途中
何があるかわからないけど
必ず向かう先に
目指すものがある…。

その目指すものは
クライアントが「知る必要があるもの」なんじゃないかと思うのです。

クライアントさんその人が
その「知る必要があるもの」を目指して
自分の心や魂の深いところに入っていくのが
この前世療法やインナーチャイルドワークです。

その「ナビゲーター」が
私たちセラピストです。

ホクレア号のナビゲーターは
出航前に瞑想をするそうです。

瞑想をして
自分の中に目的地タヒチが見えないと
出航しないと聞きました。

大海原を行くとき
そのナビゲーターは
自分の中に見た目的地を見据えながら進まないと
迷ってしまう。
大海原で迷うというのは
イコール死となる危険性が高い。

だから
ナビゲーターは航海の間ずっと
目的地を見据え続けなければいけない。

セラピストも同じだな
と思うのです。

セラピストは
クライアントが必ず「知る必要があること」を掴めること
どんなことがあっても掴めること
そして、
それをクライアントそのひと自らできること
それができる力と可能性が
そのひとの中にあること
それを見据え続けなければいけない。

そうでないと
クライアントは自分の深みの中で
迷いかねません。

そんな風に思うのです。

だから
いちばん最初の講義のときに
ホクレア号の話をしました。

私たちも
ホクレア号のナビゲーターのように
自分の中に目的地をまず見ること
そして
それを見据え続けること
それができたら
セラピストとして
クライアントさんの内なる航海のナビゲーターになれるはず、と。

この間の最後の講義の後
私は生徒さんたちみんなに
宝船の絵をプレゼントしました。

愛知県蒲郡市竹島の八百富神社のものです。

なんでも
福を呼ぶという絵と聞きました。

福は
自分の中にある、
みんな自分の中にある、
それをつかもうね。

そんな思いを込めての
プレゼントでした。

これは本当に偶然だったのだけど

最初の講義のホクレア号

最後の講義の宝船

船つながりとなりました。

0期生のみんなの旅は
まだまだ続きます。

まだ卒業課題があるからね。
がんばれ〜〜。

そして
もうすぐ一期生のみなさんの旅が始まります。

楽しみ楽しみ😍

もしもあなたが

やっぱり学びたい!自分に向かい合いたい!深めたい!
と思うなら

まだ残席ありますよ。

待ってます。

 

写真の説明はありません。
Continue Reading

「0期生」と「一期生」

来月から養成コースが始まりますが
じつはこれは「一期生」のクラスです。

そういえば
養成コースの募集をかけたとき
「一期生」って書くの忘れました(≧∇≦)

そして
じつは「一期生」の前に
「0期生」がいます。

明日は
その「0期生」最後の講義です。

「0期生」は
去年4月から学び始め
当初は「一年間」と言っていたのですが
途中「やっぱり一年で育てるのは無理!」と
半年延長させてもらいました。

最初から
「ぶっちゃけ私も教えるのは初めてです、
途中どんなことになるかはわかりません、
それでもよかったらついて来てください!」
という元に集まってくれた勇敢?無謀?な人たちなので
受け入れてくれました。

 

この前世療法やインナーチャイルドワークの中で
とても大事なことは
効率とか
早い方がいい、とかではなく
着実に
確実に
確かなものをつかんでいく事です。

時間がかかること
時間をかけた方がいいことは
たくさんあります。

そうでないと
表面的なもの
浅いものになってしまいます。

それでは
なんのためのものかわからない。

「半年延長します」というのを受け入れてくれた
この「0期生」の生徒さんたちは
そこをよく理解してくれ
ここまでよく
自分自身のことを見つめ続け
お互いのことを支え合い
ひとの深い深いところに寄り添うこと
ひとの可能性を信頼すること
そして任せること
などを知識ではなく
自分のものとして
獲得してきたと思います。

明日の最後の講義が終わった後も
まだまだ教えることはたくさんあるので
フォローアップという形で
続けていくことになります。

でも
明日は最後の講義。
「何をどこまで最後に教えるのか」

 

これからに向けて
「行っておいで」と
背中を押すようなものにしたいと思っています。

 

そしてそれは
私の中では
来月から始まる「一期生」につながっています。

昨日も新たな受講申し込みを受け取りました。

今日は
明日の「0期生」最後の講義内容をまとめつつ

昨日の新たな申し込みを受けて
「一期生」の最初の講義内容を調整しています。

本当にみなさんそれぞれの思いで受講されるので
それをしっかり受け止めながら
講座を構成していきます。

だから
受講されるメンバーが変わったら
講座内容も変わります。

前世療法もインナーチャイルドワークも
クライアントさんそれぞれに合わせたオリジナルなセラピーです。
オーダーメイドなセラピーとも言えると思います。

それを教える講義も
もちろん受講するひとに合わせたものになります。

それは
教える側としたら
受講する方たちに
「引き出してもらう」喜びです。

 

もちろん
目指す目的ははっきりしています。

 

曖昧なやり取りにはなりません。

目指す目的、それに向けて
お互いに「引き出したり」「引き出されたり」しながら
一緒にやっていくのが
この養成コースです。

一緒にやっていきましょう。

「一期生」の講義には
「0期生」も聴講生として参加します。

休憩時などに「0期生」の体験を聞いてもいいかもしれませんね。

私がどれだけドSなのか
きっと話してくれますよ〜(笑)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、木、植物、空、屋外、自然
Continue Reading
1 2 3 7