「私は、私。あなたは、あなた」

「私は私のために生きる。
あなたはあなたのために生きる。

私はなにも
あなたの期待に応えるために
この世に生きているわけじゃない。

そしてあなたも
私の期待に応えるために
この世にいるわけじゃない。

私は私。

あなたはあなた。

でも
偶然が私たちを出会わせるなら
それは素敵なことだ。

たとえ出会えなくても
それもまた同じように素晴らしいことだ。」

by Frederick Perls

 

期待と希望は違います。

期待は
「期待はずれ」という言葉があるように
こうあってほしいという気持ちが
こうでなければならないという執着になりやすく
捉われや苦しみになる可能性が高いものです。

希望は
純粋に
こうあってほしいという気持ちを
ただ持っていることです。

期待は
相手に向けるものであり
時にはぶつけてしまうものです。

希望は
ただ自分の中に抱いているだけです。

抱いているだけで
じゅうぶんなものです。

その違いがわかると
ひととの関係がとても楽になります。

Continue Reading

自分で自分を癒すのです

インナーチャイルドワークの中では
クライアント自身が
心の中の子供の自分を見つけ
そのひとの中の大人の自分が
その子供の自分を癒していきます。

それは
どのひとにとっても
自分で自分のことを癒すことができるという経験になり
それができる力と可能性を
自分が持っているという確認になります。

それを知っていくことは
そのひと自身にとって
これからの人生を
自分の力で生きていけるという希望につながったり
このままの自分でいいんだという自己肯定感になっていったりします。

そんなひとが変わっていく姿に
いつも私は感動で胸いっぱいになります。

ひとって
やっぱりすごいなと感じ
私もまた自分に向き合おうと思うのです。

Continue Reading