インナーチャイルドワークについて

Inner Child Integration Therapy

どのひとも自分の心の中に「大人の自分」と「子供の自分」を持っています。
インナーチャイルドは、心の中にいるその「子供の自分」のことです。
「大人の自分」は、人生をいきいきと自分らしく生きたいと思い、これまでの日々を積み上げてきました。

でも「子供の自分」が表に出ると、そんな「大人の自分」を見失ってしまい、子供の時のまま、こうでなくてはならない、そうでなくては見捨てられてしまう、受け入れてもらえず一人ぼっちになってしまう、それではこれから生きていけない、などといった気持ちに飲み込まれ、すべてに対して否定的、悲観的、絶望的になってしまったりします。
そうなると極端な考えになり、人生は深い苦しみにあふれたものに感じられ、生きていくこと自体が辛いものになっていきます。

インナーチャイルドワークでは、まずその「子供の自分」の寂しさ、苦しみ、精一杯さに気づいていきます。
それはじっさいに、そのひとの子供時代に感じていた寂しさ、苦しみ、精一杯さなのです。

そんな、かつては誰にも気づいてもらえなかった気持ちに、いまの「大人の自分」が気づいていきます。
そしてそれを受け止め、理解し、あのとき叶えられなかった気持ちを満たしていきます。
そうすると「子供の自分」は、本来の子供らしさを取り戻していきます。
そして「大人の自分」は、大人であること、大人としての力を持っていることを確認していけるようになります。

「大人の自分」が力を確認することによって、「大人の自分」で人生を生きていくことができます。
それは自由にのびのびと人生を生きていける力になります。
その力を取り戻すのが、インナーチャイルドワークの目的です。
 

*インナーチャイルドワークを希望の方は、船戸クリニック・統合医療センター(Tel:0584-35-3511)までご連絡ください。